2011年06月08日

バイアグラの代用で ビタミンE、イチョウ葉エキス

アメリカの健康関連雑誌『Healthy Living誌』が副作用の心配のない性機能回復素材としてあげているのがビタミンEとイチョウ葉エキス。
男性の性機能障害は、心理的な原因(精神的障害)と、心血管障害などに起因する男性器官への血流の阻止が要因の一つと指摘されているが、同誌では、ニューヨークの研究者、Steven Lamm医師も「心血管障害を取除く事ができれば、性的機能障害(ED)も改善される」とのコメントを寄せている。
実際に、ビタミンEを1日400〜800IUを被験者に投与したところ、心臓への血流が改善され、心臓発作の危険性が75%減少したのと同時に、性的器官への血流も良くなったという。
「イチョウエキス」ギンコライトはイチョウの葉から抽出した成分から作られ、その成分が動脈と毛細血管を拡張、活性化させ、体全体の血液循環はもちろんのこと、脳や末梢部位への血液の循環を健全に保ち血流を良くする事が証明されています。
また強力な抗酸化物質であり、脳の老化を遅らせる作用が期待されています。
一方、ドイツで行われた研究では、イチョウ葉エキスを1日600mgを摂取した被験者は6週間から8週間で性的機能を回復したという。
また、別名「セックスミネラル」とも呼ばれる亜鉛も精子生成とともに性機能回復素材として挙げられる。
この事から言えるのは、やはり老化と共に減少する栄養素を普段からこまめに補ってやる事が大事なことのようだ。イザと言う時にバイアグラに頼るような安易な方法より、根本的な基礎となる体力と精力を普段から養っておく事の重要性を再認識させられる話ではある。
posted by bonnet at 18:06 | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

バイアグラの代用になるか、「ヨヒンベ」その天然成分とは

ヨヒンベ(yohimbe)は、アフリカが原産とされるアカネ科の植物で、ヨヒンベの樹皮から抽出されたエキス(アルカロイドの一種)は、強壮作用や男性機能の向上、改善に効果的と言われています。
ヨヒンベの樹皮には6%以上のインドール系アルカロイド(うち、10〜15%のヨヒンビン)が含まれており、このヨヒンビンは勃起中枢を刺激して、外陰部の血管を拡張させ、陰茎海綿体に血液の充満を促し、男性機能の活力不足や不調を解消するよう、強力にサポートする効果があると言われています。

西アフリカの熱帯地方では、古くからこの木の皮を乾燥させたものが催淫薬・勃起薬として利用されてきました。
アフリカではヨヒンベの抽出物は自然界に存在する最強のものとされています。
日本では、医薬品として扱われ、サプリメントなどには使われていませんが、海外製のサプリ(催淫薬)などには用いられています。
注目すべきは、女性にも有効であると言う点でしょう。

気になるのはその副作用ですが、調べてみると、高血圧症、心臓病、糖尿病、特に精神安定剤、抗うつ薬、鎮静剤、抗ヒスタミン剤、アンフェタミンなどを使用している人は、その使用に対して『用心深く使用されるべき』というのがありました。

ヨヒンビンはノルアドレナリン分泌を促しますが、副作用として血圧、心拍数増加あるいはめまい、頭痛、視覚障害、吐き気、腹部の激痛、体温上昇および発汗などが報告されています。
海外での臨床試験の結果では、特にその勃起機能障害の原因が心理的なものによる場合に有効なことを示しており、さらに、女性においても有効であるという結果が出ています。

その、使用感もバイアグラより自然な感じの勃起が得られるという。
また、その副作用についても、300mg以下の用量を用いることにより、副作用を最小限にすることが可能であるという。
どちらにしろ、バイアグラなどの科学成分のものよりは、効果も穏やかで安全と言えますが、乱用などは厳に慎みたいものです。
posted by bonnet at 03:43 | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

勃起不全(ED)治療薬について

勃起不全(ED)治療薬とは、主に「勃起を解消させる働きをする酵素活性を阻害」して、勃起力を高めるための薬で、勃起時のペニス(陰茎)の硬度を強くしたり、勃起を持続させる効果がある薬です。

性欲がなくても効くのでしょうか?ある程度性欲は必要です。勃起を助けるお薬ですので刺激をあたえ望んでください。飲めば勝手に勃起するというものではありません。勃起障害治療薬を飲み続けなければいけませんか?そんなことはありません。個人差があります。精神的不安で勃起不全になっている人であれば、回復は早く見込まれます。

■ご服用際の注意事項

1. 飲酒時の服用過度の飲酒時の服用は控えてください。過度な飲酒時は勃起しにくくなります。そのため、過度な飲酒後に勃起不全治療薬を服用した場合、効果が薄れます。適度な飲酒は、リラックス効果をもたらし、性欲が増加しますので問題ありません。

2. 服用のタイミング空腹時に服用してください。勃起不全治療薬は食事により体内への吸収が阻害され、効果が弱くなってしまいます。止むを得ず、食後に服用する場合は、軽食であれば食後2時間程度、油分の多い食事の場合は可能な限り時間をあけてから服用してください。

勃起不全(ED)治療薬について、よく「効果が出ている間はずっと勃起している」と勘違いされている方が多いですが、それは間違いです。性欲の高まりがない場合は勃起しませんのでご安心ください。勃起不全(ED)治療薬を飲んだ後におなかがゆるくなったり、ほてってきたりすることがありますが、一時的なものです。薬の服用後、過敏性の症状などが続いた場合は、服用を中止し、専門医にご相談しましょう。
posted by bonnet at 17:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイアグラの効能

バイアグラは勃起不全の方でも普通の方と同じように性行為が行えるようになります。
バイアグラ服用後30分〜1時間くらいで効果が現れ、およそ3時間ほど効果が持続します。
また、バイアグラは勃起の持続力にも効果が期待できます。
また、早漏でお悩みの方や、シアリス・レビトラ性行為に満足ができないといった症状でお悩みの方も、バイアグラによる治療をお勧めいたします。

バイアグラの服用について

バイアグラは、性行為の約1時間前に服用して下さい。
服用する時の病状や体調にもよりますが、シアリスは服用後30分以降に性行為を始めると良いでしょう。
服用するだけでは効果はありません。性的な刺激が必要となります。
食後すぐに服用しますと効果が半減します。空腹時、または食後2時間程してから服用して下さい。
また、過度の飲酒や喫煙などは勃起力を低下させますので注意して下さい。
果がすくないというような事に加え、シアリスは不純物が混入している場合などは、副作用がでる危険があります。
医師の処方が必要な薬です。
必ず医師に相談し、シアリスの最適な使用量を見つけて下さい。

バイアグラの臨床応用

バイアグラは生殖器用剤またはPDE−阻害薬であります。
薬理作用的には、心臓の陽性変力作用である心臓の収縮力を高め、すなわち、ポンプ作用としての血流を高める作用がひとつと、末梢血管を拡張させる作用を利用し、勃起の際に陰茎への血流を増幅させる作用があります。 以上の薬理作用を利用して、機能的勃起不全の治療または臨床的応用に、内服を医学的、臨床的に適応させています。
バイアグラの副作用としては、バイアグラの薬理作用に準じて、内服する人の感受性等により、個人差はありますが、症状として出現する場合がありますので、十分に留意する必要があります。
具体的には、シアリスの薬理作用のひとつの、心臓の陽性変力作用を高めるために、シアリス内服は、心臓にたいして、相応の物理的負荷を与えます、もちろん、健常者(不整脈、狭心症、高血圧、肝機能障害、心筋梗塞等ETC除外)には特に問題ありませんが、シアリス・レビトラ心臓に持病をおもちの方、現在心血管系の治療を受けている方々の内服は禁忌です。
また、バイアグラの内服が、心臓への作用を末梢血管を拡張させる作用から、シアリス・レビトラ内服後2−3時間で、全身の末梢血管の拡張が内服前に戻るのに要するのにタイムラグが生じるために一過性の血圧低下による、頭重感、頭痛、軽度の倦怠感等を自覚されるかたがいますが、人によって、シアリス・レビトラこれらの一過性の症状は個人差があります。
以上、いろいろなバイアグラの臨床上の薬理作用、一過性の副作用について、論じてきましたが、全般的に、バイアグラの臨床上の効果と反作用としての短所を俯瞰してみると、シアリス内服の仕方を間違えさえしなければ、非常に臨床効果の高い安全な薬と言えます。

相互リンクのリンクモスト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。